The Religion News

[平成29年6月5日号]

平成29年5月定例評議員会

神宮大麻頒布、減少傾向続く

改憲原案の早期発議求める

神社本庁

庁務の方針を説明する田中恆清総長=5月25日、東京・代々木の神社本庁大講堂

神社本庁(田中恆清総長、東京・代々木)平成二十九年五月定例評議員会(中山高嶺議長、定数百六十八人/出席百四十九人)が五月二十五日、二十六日に神社本庁大講堂で開催された。予算審議特別委員会(別役重具委員長)に付託された平成二十九年度一般会計歳入歳出予算案ほか一議案は原案通り可決され、議案審査特別委員会(藤原隆麿委員長)に付託された七議案は原案通り決定した。

 

第一日の二十五日、開議に先立ち修祓、神殿拝礼、国歌斉唱、敬神生活の綱領唱和と開式の儀が執り行われ次に北白川道久統理が「神社関係者はよりよい社会づくりを目指して取り組んでいく所存」と挨拶(田中総長が代読)した。来賓の鷹司尚武神宮大宮司は神宮大麻暦頒布に対して謝辞した。次いで打田文博神道政治連盟会長が今上陛下のご譲位をめぐる特例法案に言及し、「慎重の上にも慎重を期してもらいたい」と述べた。憲法改正については、「神社本庁ほか友好団体と緊密に連動し早期実現に向け邁進していく」と決意を表明した。女性宮家創設については批判的立場を明瞭にした。

開議となり物故者に黙祷を捧げたのち日程に入り田中総長が庁務の方針を示した(概要)。

 ○神宮では第六十二回式年遷宮の盛儀、伊勢志摩サミット開催により国民の関心も高まり昨年、参拝者が八百七十万人を越えた。○神宮大麻暦頒布については過疎化や都市部への人口集中、氏子意識の低下などから減体傾向が続いている。○神社本庁では大麻暦頒布を強力に推進すべく「本宗奉賛活動強化推進委員会」を設置し、諸課題の検討を行っている。○宗教法人法に対する理解や認識不足により法人運営に影響を及ぼす問題が発生することがあることから適切な指導をしていく。○不活動法人対策については対策会議や研修会を開くと共に職員派遣や助成金の交付、合併に係る承認手数料の免除などの施策を講じる。○国民運動については神道政治連盟、友好団体と共に皇室尊厳護持運動はもとより時局に関わる諸問題に対応して運動を展開している。○神道政治連盟、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」と連携を図り一千万賛同者の拡大運動や憲法改正原案の早期発議を目指すよう関係国会議員への働きかけを展開していく。○いまだ靖國神社を被告とする一部の訴訟が係争中であるが、・・・

———————————————————————————————

開創1300年、加賀の那谷寺

白山信仰自然智の森に鎮座

那谷寺本殿「大悲閣」

石川県小松市にある真言宗別格本山の那谷寺(木崎馨山住職)は、「越の大徳」と称された泰澄が白山に登った養老元年(七一七)に、千手観音を安置したのが始まりとされる。当地は弥生時代から管玉の材料である碧玉の産地で、財部(たからべ)一族が住み、洞窟は祭祀場でもあったという。

泰澄は白鳳三年(六八二)、越前の生まれ。天女に誘われて初登頂した白山では九頭龍王が現れ、頂上では姫神の菩薩が、他の二山では大己貴神と白山別山大行事が現れたと伝わる。木崎住職は、泰澄が登頂したのは、登りやすい雪の季節だろうと推測し、かんじきを履いて冬の白山に登ったという。

泰澄は粟津温泉を養老二年に発見し、薬師如来を祀った。その歴史から、粟津温泉には泰澄の大きな銅像が立っている。その後、泰澄は天平二年(七三〇)に吉野山現光寺で法相宗の山林修行「求聞持法(ぐもんじほう)」と「自然智行」を実践し、神護景雲元年(七六七)越知山大谷寺の岩窟で八十六歳で遷化した。

今年、那谷寺では「開創一千三百年大祭」が行われている。一月十八日には「開創記念初護摩祈祷」が営まれ、四月九日には「御本尊十一面千手観音菩薩のご開帳」(十月三十一日まで)があり、山門前に御柱が立てられ「立柱祭」が執り行われた。四月二十三日には「開創一千三百年御開帳法要」が中西啓寶・高野山真言宗管長を導師に斎行され、三十日には「白山開山一千三百年神式大祭」が催され、白山比迠神社による神式大祭があった。

年内「千三百年護摩祈祷」が行われ、願い事を書いた護摩木を毎月二十八日に護摩祈祷所で炊上祈祷している。宝物館では六月十日から九月三十日まで「秘宝初公開特別展~前田家ゆかりの品々~」が開かれている。六月十日から十二日までは「那谷寺開創千三百年記念茶会」が三代藩主前田利常公愛用の仙叟茶室で開催される。

温泉の名所らしいのは「白山開山1300年記念 加賀温泉パワースポットラリー」で、粟津・山代・山中・片山津のお薬師と那谷寺をめぐり、記念散華のセットを授かるイベントが十二月まで行われている。(「加賀四湯博」ホームページ参照)

小松市の市民劇団「大杉ミュージカルシアター」では「記念ミュージカル 開創1300年 那谷寺ものがたり」を上演予定で、市民からキャスト・スタッフを募集している。

 寛和二年(九八六)に右大臣藤原兼家に出家させられた花山法皇は、・・・

山門前の御柱

最新情報

江戸の富士塚

菅原道真をお祀りする西向天神社。都営地下鉄大江戸線の東新宿駅からイーストサイドスクエアを抜けてくると、 古い参 …

6月25日、ひまわりコーラスの定期演奏会に友情出演

6月25日、東かがわ市のひまわりコーラス第31回定期演奏会に友情出演。東かがわ市の大内公民館で、加山雄三の「海 …

平成20年12月5日、20日 第541号

「大きいことよ、聖人の道は。(天地に)満ち渡って万物を生育し、高大さは天をも極めてその外にでるものがない。満ち …

平成20年11月20日 第540号

「大地と空界に平和あれ! すべての神々がわれに平和を授けんことを! この平和の祈願により、平和が行き渡らんこと …

平成20年11月5日 第539号

「音楽は天地の間の和合作用を代表するものであり、礼儀は天地の間の秩序を代表するものである。天地の間に和合作用が …

PAGETOP
Copyright © 宗教新聞社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.