The Religion News

[平成30年3月5日号]

東日本大震災追悼・復興祈願祭

被災地へ、神道、キリスト教、仏教の祈り

鎌倉大仏殿高徳院

 

東日本大震災追悼・復興祈願祭「仏教の祈り」

鎌倉宗教者会議主催(会長:田茂穂・鶴岡八幡宮宮司)の東日本大震災追悼・復興祈願祭が三月十一日、鎌倉大仏殿高徳院で営まれた。この追悼・復興祈願祭は東日本大震災の一か月後に鶴岡八幡宮で第一回が行われて以来、八回目になる。鎌倉の神職、僧侶、司祭、牧師が心を一つにして参列者と共に震災の犠牲者を哀悼し、被災者に思いを寄せて祈りを捧げ、一般参列者も式典終了後、参拝・焼香をした。

午後二時四十分、奉仕する宗教者により「行道(ぎょうどう)」が行われ、雅楽を先頭に神道約二十名、キリスト教約三十五名、仏教約六十名が散華と共に列をなして山門から大仏前まで進んだ。続いて地震発生時刻の午後二時四十六分に大仏像を囲む形で、聖職者、参詣者全員が起立し一分間の黙祷。境内から一切の音が消え静寂に。同時に寺院、教会の鐘が一斉に撞き鳴らされた。悲しみの鐘が市内全域に響き渡った。

最初に鶴岡八幡宮を中心とした鎌倉の神社の神職、約二十名による「神道の祈り」が捧げられた。修祓の儀の後に神職と参列者全員が共に大祓詞を斉唱した後、玉串を奉って拝礼した。

次に鎌倉市内キリスト教諸教会(カトリック教会、日本基督教団、日本聖公会、日本キリスト教会)の司祭、牧師、合わせて約三十五名と信徒による「キリスト教の祈り」が捧げられた。初めにカトリック雪の下教会・内藤聡神父が冠水、献香、導入の祈りを捧げ、カトリック由比ヶ浜教会のマリオ・ビアンキン神父が聖書のローマ人への手紙十二章九―二十一節を朗読した。

日本聖公会・鎌倉聖ミカエル教会の小林裕二牧師は「この季節を迎えるたびにあの地震と津波の恐怖、暗く寒かった夜を思い出さずにはいられない。目に見える復興は着実に進み、人々の忍耐と力強さを感じるが、一方誰にも看取られず孤独のうちにこの世を去った方々もいる。あなたのいつくしみ深いみ腕のうちにお迎えし、すべての犠牲者と共に魂の平安のうちに憩う事ができますように。私たちにこの世界の悲しみや苦しみから目を背けない勇気をあたえてください」と祈った。

 ペルー人信徒の米山リディアさんの讃美歌「アメージンググレイス」独唱が続き、カトリック雪の下教会・古川勉神父の「主の祈り」、信徒たちも含めた全員での讃美歌「いつくしみふかき」、・・・

焼香する田茂穂鶴岡八幡宮宮司

———————————————————————————————

東日本大震災復興祈願万灯会

僧侶と参拝者が復興祈る

鎌倉・浄光明寺

 

 

浄光明寺客殿での合同読経

三月十日、神奈川県鎌倉市の扇ガ谷・浄光明寺(大三輪龍哉住職)で鎌倉十三仏詣実行委員会主催の東日本大震災復興祈願万灯会が開催された。鎌倉の寺社(真言宗、浄土宗、臨済宗、日蓮宗)の僧侶が宗派をこえて法要を執り行い、一般の参詣者とともに復興を祈願するもので、氏名と願い事を込めて献灯された万灯が境内に並べられ、法要時に灯りがともされる。浄光明寺の大三輪住職によると、「鎌倉の十三仏霊場会では、東日本大震災後、犠牲者の慰霊と被災地の復興を願う万灯会を、震災から百日目に浄光明寺で行い、以後他の寺院で行っている」という経緯。

午後五時半に各宗派の僧侶が海蔵寺に集まり、般若心経を唱えて法要を行い、浄光明寺まで行道を行った。僧侶に参詣者たちが続き、浄光明寺の山門から境内に入った後、境内に各宗派に分かれて移り(臨済宗:仏殿、日蓮宗:観音堂、浄土宗:客殿、真言宗:不動堂)、読経が行われた。参詣者たちは読経の中、焼香を行い、東日本大震災の犠牲者に祈りを捧げ、復興を祈願した。

午後七時、客殿で東日本大震災によって大きな被害を受けた宮城県女川町の一般社団法人コミュニティースペースうみねこの八木純子代表理事が紹介され、被災地の現状を説明した。「女川町は震災前の人口一万二千名のうち八百七十二名が犠牲になり、現在は六千二百名で、過疎化が進んでいる。雇用が必要なので、若者、高齢者、子育て中のお母さんなどに働く場を提供している。皆さんと交流することが我々の力になる」

全宗派の読経が終わった後、僧侶は客殿に集まり、合同読経が行われた。代表焼香の後に、参詣者が焼香。終わると、導師を務めた浄光明寺の大三輪住職が挨拶した。

 「明日で東日本大震災から七年になる。震災直後は皆が何か力になりたいと思っていたが、今は関心が薄れている。復興はまだ半ばで、人々が日々の暮らしを取り戻すにはまだ何年もかかる。今後も被災地の事を思い続ける心を大事にしたい。万灯会は奈良時代からの伝統的な行事で、平安時代に高野山での万灯会に際して、空海は『虚空尽き、衆生尽き、涅槃尽きなば、我が願いも尽きなむ』という言葉を残している。仮初めの世界に暮らし悩み苦しむ衆生が皆仏の境地に至る日まで私の願いは尽きることはないという意味で、悩み苦しむ人がいる限り私は寄り添い続けるという菩薩としての決意が述べられたものだ。菩薩による衆生の救済は、知恵によって進むべき道筋を開くことと、・・・

———————————————————————————————

お知らせ

3月14日、市谷亀岡八幡宮で超宗教フォーラム

「徳川家康における神と仏」をテーマに、梶謙治宮司と私の対談形式で行いました。江戸時代は仏教が寺檀制度によって葬 …

名古屋の伊奴神社に初詣

戌(いぬ)年の正月、名古屋城の北、庄内川に近い住宅街に鎮座する「伊奴(いぬ)神社」に初詣しました。 伊奴神社の …

11月18日秋田県大仙市に行きました

大曲の花火で有名ですが、面白かったのは梵天祭り。毎年1月17日、梵天と呼ばれる依代を厄年の男たちが担いで町内を …

11月17日、東京・国立市で日韓親善ふれあいコンサート

元聖学院大学教授で声楽家の遠藤喜美子さんが、韓国近代音楽の父・洪蘭坡(ホン・ナンパ)の評伝を2002年に出した …

11月17日、東京・国立市で日韓親善くにたちふれあいコンサート

元聖学院大学教授で声楽家の遠藤喜美子さんが、韓国近代音楽の父・洪蘭坡(ホン・ナンパ)の評伝を2002年に出した …

最新情報

4月17日、松ヶ岡開墾場へ

『松ヶ岡開墾場』は明治維新直後の廃藩置県の折、旧藩家老菅実秀が旧藩士の先行きを考え、養蚕によって日本の近代化を …

4月17日、鶴岡市立加茂水族館へ

クラゲで有名な山形県の鶴岡市立加茂水族館「クラゲドリーム館」に行きました。大きな水槽に漂う無数のクラゲの前に立 …

4月17日、国宝羽黒山五重塔へ

山形県にある山岳修験の出羽三山(月山、湯殿山、羽黒山)の羽黒山に三山の神を祀る三神合祭殿があり、そこへ至る参道 …

4月17日、南洲遺訓を編纂した菅邸を訪問

菅実秀のやしゃご秀二氏に、庄内藩と西郷隆盛とのかかわり、 南洲遺訓が編纂された経緯など伺いました。ちょうどしだ …

4月17日、山形県酒田市にある南洲神社にお参り

南洲神社は西郷隆盛を祀る神社で、本州にあるのはここだけ。明治元年、政府軍と戊辰戦争を戦い、降伏した庄内藩は、厳 …

PAGETOP
Copyright © 宗教新聞社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.