島津久光に処罰され、政治犯として沖永良部島に流された西郷さんは、狭い牢獄に押し込められます。しかし、ここで座禅を組み、書物を読み、思索を深めた西郷さんは、思想的に成熟し、子供たちを熱心に教育します。その歴史は今も残り、真面目な島民たちがユリや菊、サトウキビなど を栽培しています。