『松ヶ岡開墾場』は明治維新直後の廃藩置県の折、旧藩家老菅実秀が旧藩士の先行きを考え、養蚕によって日本の近代化を進め、庄内の再建を行うべく開墾を行ったところです。西郷隆盛の協力を得て、1871年(明治5年)に旧庄内藩士3,000人によって開墾され、明治7年には311ヘクタールに及ぶ桑園が完成し、明治8~10年には大蚕室10棟が建設され、その後鶴岡に製糸工場と絹織物工場が創設されました。当初、明治政府は武士を結束させ政府に反乱するのではないかと疑う向きもありましたが、大久保利通も現地を視察し応援するようになります。朝敵の汚名を返上し、明治日本の殖産興業の先鞭をつけた山形県の誇りの史跡であり、今では観光地になっています。