古事記の国産み神話で最初に生まれた淡路島には、イザナギ、イザナミによる国産みを思わせる風景があります。その第一が沼島(ぬしま)で、海面から30メートルの高さにそそり立つ上立神岩(かみたてがみいわ)は、古くから二神が天浮橋(あめのうきはし)に立ち、大海原をかき回した天沼矛(あめのぬぼこ)とも、二神がその周りを回った「天の御柱」とも言われています。おのころ山に鎮座して二神を祭る「おのころ神社」が鎮座しています。「ブラタモリ」風に言うと、中央構造線の南側に位置する沼島は、淡路島とは地質が異なり、全島が三波川変成帯の結晶片岩によって構成されています。