農山村の地域づくりを訪ねるため、鳥取県の山間部にある八頭町の大江ノ郷自然牧場へ行き、小原利一郎代表取締役社長に話を伺いました。山間におしゃれなレストランとショップがあり、雨の月曜日なのに、観光バスをはじめ多くの車がとまっていました。昼食時とあってレストランはいっぱい。180人の雇用を実現しているそうです。事業の始まりはニワトリの放し飼いで、取れた生卵をその日のうちに直販しています。1個100円ですが、大変な人気。それを元に、地域の人たちの誇りになるような施設を作りたいと取り組んだのが、豊かな自然の中でのカフェ、レストラン、ショップなど。賑わいに感心しました。