戌(いぬ)年の正月、名古屋城の北、庄内川に近い住宅街に鎮座する「伊奴(いぬ)神社」に初詣しました。 伊奴神社の御祭神は、素盞鳴尊(すさのおのみこと)とその子、大年神(おおとしのかみ)、その妃の伊奴姫神(いぬひめのかみ)。伊奴姫神は大国御魂神(おおくにみたまのかみ)をはじめ5柱の神々の母神で、子授け、安産、夫婦円満、家内安全などに大きな御神徳を授けてくださいます。