元聖学院大学教授で声楽家の遠藤喜美子さんが、韓国近代音楽の父・洪蘭坡(ホン・ナンパ)の評伝を2002年に出したのが縁で、洪蘭坡の記念ホールがある韓国・檀国大学校から声楽家が来日し、コンサートを開きました。交流会も開かれ、音楽と日韓交流のひとときとなりました。