瑞泉寺は明徳元年(1390)本願寺第5代綽如上人開基。後小松天皇勅願所。夏の伝統行
事、聖徳太子絵伝の絵解き説法で有名。三度の火災に遭うも北陸有数の大伽藍として
再建。各所の彫刻は井波彫刻の原点とも