岡山の春を彩る宗忠神社御神幸

絢爛華麗な時代絵巻の行列

岡山市

 

桜を背景に後楽園へと進む御神幸の行列

岡山市北区上中野(通称・大元)にある宗忠神社の御神幸(ごしんこう)が四月一日の日曜日、桜が満開の岡山市で古式ゆかしく行われた。平安貴族風の装束をまとった信者・崇敬者ら約千人が、宗忠神社から後楽園に設けられた御旅所までの往復約十二キロを優雅に練り歩く。侍姿の子どもたちの鼓笛隊には、「かわいい!」との声援も贈られるなど、沿道を埋めた市民や観光客から大きな拍手を受けていた。

 

午前八時、御神体の宗忠大神(黒住教の教祖・黒住宗忠)を遷した御鳳輦(ごほうれん)を中心に行列が神社を出発。行列は、笛や太鼓、吉備楽の音を響かせながら、表町商店街やJR岡山駅前などを通る往復約一二キロを古式ゆかしく進んだ。高校生のブラスバンドや子どもみこしも加わり、祭りに花を添えていた。

午前十一時半ごろ、行列は後楽園に到着。御旅所が設けられた後楽園では、鶴鳴館前で黒住教の黒住宗晴教主が世界平和を願う祝詞を奏上すると、好天に恵まれ、同園を訪れていた多くの花見客や外国人観光客らも儀式を興味深そうに見ていた。

行列は午後一時過ぎに後楽園の御旅所を出発し、岡山駅を経て、午後三時に神社に還りついた。

御神幸の始まりは、宗忠神社が鎮座した翌年の明治十九年(一八八六)に、御祭神が在世中に奉仕していた今村宮(池田藩の守護神社)への鎮座報告にあわせて、神恩に感謝するとともに、世界の大和と万民和楽を祈って御神霊を遷した御鳳輦の渡御を行ったことで、今年百三十二年目を迎えた。

その後、この行列の市中巡幸を熱望する市民の声が高まり、明治二十四年(一八九一)から名園・後楽園を御旅所とする岡山市民の祭りとなった。

 黒住教は、岡山県岡山市今村宮の神官、黒住宗忠が江戸時代の文化十一年(一八一四)に開いた教派神道で、神道十三派の一つ・・・

 

行列を先導する子どもたちの鼓笛隊

馬車に乗った左から黒住宗道教主、子息の黒住宗芳師

———————————————————————————————

第5回仏教教育学研究会を開催

「道徳」の教科めぐり議論

駒澤大学

 

発表する相澤伸幸・京都教育大学准教授=3月25日、東京・世田谷区の駒澤大学

三月二十五日、東京都世田谷区の駒澤大学会館で日本仏教教育学会(会長:矢島道彦・駒澤大学客員教授)の主催による第五回仏教教育学研究会が「『特別の教科 道徳』をめぐって│仏教教育学の立場から│」をテーマに開催された。

開会の辞で矢島道彦会長は「平成二十七年の学習指導要領の改正によって、小学校では今年の四月から、中学校では来年の四月から『道徳』の時間が特別な教科として教科化されるが、現場の先生も大変戸惑っているようなので、これをテーマにした。授業は一年間に三十五時間で、評価は他の教科の様に三段階や五段階ではなく、記述式で行われる。授業のあり方、評価の仕方や教科書の扱いが課題で、長時間労働につながるのではと懸念もある」と述べ、議論の必要性を強調した。

最初に相澤伸幸・京都教育大学准教授が「道徳教育において宗教的教育はどこまで可能か」という題で次のように発表した。

「教科になることで道徳は格上げされたといわれるが、本当だろうか。国公立校では宗教的中立性が求められる。教科になった以上、道徳は注入する(Indoctrination)という概念から脱却すべきで、精神論ではなく論理性と体系性も求められる。

デューイは『宗教的』と『宗教』は別のものだと言っている。宗教的は特定の宗教を指すのではなく、『態度』(行動が持つ性質=信仰心)を意味する。だが理論的には可能でもリスクはある。例えば、給食時の『いただきます』の『合掌』が保護者の一部から宗教を強制するものだとして中止も求められ、『合掌』は習俗か仏教儀礼かという論議も出てきた。特定の宗教教育を教育理念としている私立大学以外では、『道徳の指導法』関連の科目で宗教教育に特に言及することは学内外からの理解が得にくく、国公立大学では政治的、宗教的中立性が求められる。

この二つの問題点をクリアするには新たなアプローチが必要である。一九七八年にプレマックとウッドラフにより『霊長類の心の理解に関する研究』で提唱された概念である『心の理論』がそれで、他者の行動を観察している自分の認識から切り離し、相手の認知の能力を想定してその心情を理解することで、他者の心情への『共感』能力が人間の道徳性の鍵になり、・・・

2面

レバノンのムフティがサウジを支持

イエメンはサウジとイランの代理戦争に

 

連載 カイロで考えたイスラム(2)

神からの預言がコーランに

 

3面

市谷亀岡八幡宮で超宗教フォーラム

徳川家康における「神と仏」

神仏習合の上に豊かな宗教文化が

 

4面

バーナード・リーチとバハイ教

美術と宗教による東西の融合

 

大窪寺で柴燈大護摩供養

無病息災祈る火渡り

香川県さぬき市

 

5面

毎月16日は「親鸞の日」

命日に法要、文化財の巡覧も

京都・西本願寺

 

備前松田氏「玉松会」第52回総会

玉松城落城450年遠忌法要営む

岡山市・妙覚寺

 

6面

都会のオアシス

臨済宗妙心寺派清見寺(静岡市清水区)