総本山善通寺で弘法大師御誕生会

誕生祝う祈りと表白ささぐ

香川県善通寺市

 

総本山善通寺で営まれた弘法大師御誕生会=6月15日、香川県善通寺市

真言宗を開いた空海・弘法大師は宝亀五年(七七四)六月十五日、香川県善通寺市の真言宗善通寺派総本山善通寺(菅智潤法主)の御影堂奥殿がある場所で誕生したとされる。四国では親しみを込め「お大師さん」と呼ばれ、善通寺では六月十日に「大師市」が開かれ、十五日の御誕生会を中心に様々な行事が催された。

 

空海は、香川県北部にひろがる讃岐平野の西端にある多度郡屏風浦の豪族・佐伯直田公(さえきあたいたぎみ)と阿刀大足の娘・玉寄御前の子として生まれ、幼名は真魚(まお)。空海が誕生したとされる六月十五日は、中国密教の大成者である不空三蔵の入滅の日で、空海は「不空の生まれ変わり」と伝わっている。

総面積約四万五千平方メートルの広大な境内は、「伽藍」と称される東院、「誕生院」と称される西院の東西二院に分かれ、金堂、五重塔などが建ち並ぶ「伽藍」は、創建時以来の寺域であり、御影堂を中心とする「誕生院」は、佐伯家の邸宅跡にあたる。

現在、西院御影堂の奥殿が建つ場所は、母の部屋があった場所と伝わり、聖地として大切に保存されている。現在の善通寺近隣には、真魚が泥土で仏像と小さな御堂を作って遊んだ「仙遊ヶ原」など幼少期の空海を今に伝える史跡が幾つもある。

東院境内には、県の天然記念物に指定された二本のクスノキがある。南大門を入ってすぐ左手にあるのが「大楠」で、五重塔を背に正面に見えるのが「五社明神大楠」。いずれも樹齢は千年以上とされ、少年時代の空海も木の周りで遊んでいたかもしれないという。

五岳山善通寺の創建は、江戸時代中期に成立した『多度郡屏風浦善通寺之記』によると、唐より帰朝した空海が、父が寄進した四町四方の土地に、師である恵果和尚が住んでいた長安の青龍寺を模して建立したのが始まり。弘仁四年(八一三)に落慶し、父の諱「善通(よしみち)」から「善通寺」と号したと記されている。

鎌倉時代に佐伯家の邸宅跡に「誕生院」が建立され、江戸時代までは善通寺と誕生院は別々の寺だったが、明治時代に善通寺として一つの寺になった。現在は真言宗善通寺派の総本山で、四国八十八カ所霊場の七十五番札所でもある。昔は善通寺が一番札所だったが、江戸時代に全国から多くの巡礼者が訪れるようになって、始めやすいように関西圏から近い徳島県鳴門市の霊山寺が一番になったという。

山号の「五岳山」は、寺の西にそびえる香色山・筆山・我拝師山・中山・火上山の五岳に由来し、・・・

善通寺東院にある「大楠」

  

———————————————————————————————

伊弉諾神宮で御田植祭斎行

早乙女ら五穀豊穣祈る

兵庫県淡路市

 

御斎田で早苗を植える早乙女や園児たち=6月17日、兵庫県淡路市の伊弉諾神宮

梅雨の晴れ間に恵まれた六月十七日、兵庫県淡路市多賀にある伊弉諾(いざなぎ)神宮(本名孝至宮司)で、五穀豊穣などを祈る「御田植祭」が斎行された。

神前に供える米を育てる「御斎田」(約二四〇平方メートル)で田植えを行ったのは、白装束に赤いたすき、笠をかぶった早乙女姿の県立淡路高校(同市富島)の女子生徒や氏子の女性ら約十八人と地元の保育園児十三人。氏子や保護者らが見守る中、本名宮司が打つ太鼓の音に合わせ、早苗を数本ずつ手に取り、丁寧に植え付けた。

同日は午前九時から神事が執り行われた後、拝殿前のしめ縄が張られた境内で、早乙女たちが苗を手に、「わかなへ うえほよ…」と神職らが歌う「古謡御田植唱」に合わせて、田に稲を植える喜びを表した「御田植踊」を奉納した。

その後、神職と氏子がかごで担ぐ早苗を先頭に、列を組んで神宮近くの御斎田に移動。代かきが終わった御斎田に入り、横一列になって、目の前に張られた縄の目印を目安に、太鼓の音に合わせて「イセヒカリ」の苗を植えていった。

イセヒカリは三重県の伊勢神宮の神田で発見された、コシヒカリが自然交配して出来た突然変異種で、神聖な稲として神事などで使われている。コシヒカリより背が低く、風雨に強いという。

苗は本名宮司が神事としてもみをまき、苗代で大切に育てられてきたもの。昔は一般的だったが、田植え機が普及した今では、農協の育苗センターなどで育てられた苗箱入りの苗を買うのが一般的になっている。

御斎田のほぼ半分まで植えたところで法被姿の園児らが田んぼに入り、早乙女に助けられながら、苗を植えていった。・・・

「御田植踊」の奉納

———————————————————————————————

2面

バハイ教の学生を大学から追放

「信教の自由」の法を破る独善横行

イラン

 

教皇から具体的言及なし

広島・長崎 被爆地訪問要請に返書

 

3面

潜伏キリシタンの島・天草めぐり

島原の乱から230年、守られた信仰

 

4面

清正公に学ぶ熊本地震からの復興

民百姓の幸せを第一とする精神

湯田榮弘・加藤神社名誉宮司に聞く

 

西南戦争最大の激戦地・田原坂

今はツツジと桜の公園に

 

5面

平成30年山王祭の神幸祭

歴史と伝統の行事に称賛の声

日枝神社

 

三峯神社の「お犬さま」信仰

守護神となったオオカミ

 

6面

都会のオアシス

日本橋日枝神社(摂社、東京都中央区)